ネレッロ・マスカレーゼ

ネレッロ・マスカレーゼというぶどう品種を、聞いたことがないという方もいるのではないでしょうか?

ネレッロ・マスカレーゼは、シチリア北東部にある活火山、エトナで育まれる代表的なブドウ品種です。

山の斜面を利用して行う製法が、20世紀を賑わした大量生産の製法と合わなかった点や、戦後、ぶどう農家の従事者が減少してしまったりしたためにネレッロ・マスカレーゼのワインは衰退していましたが、近年になり再度注目が集まり始めている品種の一つです。

綺麗なルビー色でしっかりとした酸を持ち、素晴らしいワインを生み出します。

ぶどうの個性が、フランス・ブルゴーニュ地方のピノ・ノワールに似ていると話題になったことがあるのも特徴的です。

シチリア地方・エトナ火山という土地

エトナ火山は、ヨーロッパ最大の活火山であり、アルプスを除くとイタリアでは最も高い山です。世界の中でも活動が活発な活火山で、噴火は頻繁に起こるものの、危険性は少ない部類に入ると言われています。

中でもワイン造りが活発に行われているのは、火山の麓の扇状地に広がる、水はけの大変良い土壌の箇所です。

シチリア北東部・エトナ火山という土地では、活火山の灰や無期塩、幾層にも重なる溶岩の積み重なりが生み出す最高の土壌が、素晴らしい味わいを生み出すと言われています。

アモレアで飲める、ネレッロ・マスカレーゼの自然派ワイン

・シチリア・フェッリーニ・マスカレード・ジョド(Nelson Pinot Noir)
生産者:ポデーレジョド/PODERE JIODO
品種:ネレッロマスカレーゼ100%

イチゴ・サクランボのアロマ、ラベンダーの香り。
しっかりとした素晴らしいタンニンで、フィニッシュはシトラスの香り。

(生産本数6000本、平均樹齢80年、セメントタンク500L/木樽700L醸造、新樽で12カ月)

このワインの購入はこちらから

 

偉大なるカルロ・フェッリーニの手掛けるネレッロ・マスカレーゼ。

大変飲みやすく、各方面から絶賛を頂いています。是非一度ご賞味くださいませ!

 

アモレア株式会社/AMOREA Inc.