カルロフェッリーニ/CARLOFERRINI

 

イタリアの著名なエノロゴ(ワイン醸造家)。

ガンベロロッソのワインメーカーオブザイヤー、イタリア・ソムリエ協会のベストエノロジスト、ワイン・エンスージアストのワインメーカー・オブザ・イヤーの3冠を取得し、全世界が認めるイタリアワインの最高峰プレイヤー。
(この3冠を達成したのは過去、カルロフェッリーニの他にはリカルドコタレッラしかいない。)

生い立ち

1954年、イタリアのフィレンツェ生まれ。
母のジョバンナと父のジョナテッロの下で育ち、1978年にイタリアのフィレンツェ大学・農学部を首席で卒業する。

卒業後はキャンティクラシコ協会に勤務し、技術部門の責任者を務める。
技術を磨いた後、キャンティクラシコ協会へ助言を行うまでになり、キャンティクラシコ地区のワイン醸造・研究のスペシャリストとしてキャンティクラシコ地区のワイン発展に多大な貢献を果たす。

後にキャンティクラシコ協会を退職し、1992年にワインのコンサルタントとして独立を果たす。

カルロフェッリーニの手掛けるワイナリー

カルロフェッリーニはコンサルタントとして、多くのワイナリーを手掛けています。
有名なところでは、

・ファットリア・ニッタルディ/Fattoria Nittardi
・サンファビアーノ・カルチナイア/Sanfabiano Calcinaia
・ブランカイア/Brancaia
・サン・レオナルド/San Leonard
・ファットリア・ペトローロ/Fattoria Petrolo
・サン・ヴィンチェンティ/San Vincenti
・テヌータ・ディ・ギッツァーノ/Tenuta di Ghizzano
・バローネ・リカーゾリ/Barone Ricasori

などがあります。

 

カルロフェッリーニ氏のインタビュー(Jamessuckling.com様)

 

カルロフェッリーニが唯一個人で楽しむ為に手掛けるワイナリー

ポデーレ・ジョド/Podere Giodo

ワイン界の偉大なる巨匠であるカルロフェッリーニが個人で手掛けるワイナリー。
畑はモンタルチーノの南、標高300mの日照に恵まれた丘陵地帯に位置します。

土壌はバランスよく粘土と石灰が混在し、石が豊富に含まれるサンジョヴェーゼの栽培に適した土地。
苗木にはこだわる、この畑にふさわしい約10種類の品種クローンを厳選しています。

栽培は自然環境に配慮したオーガニック農法を採用し、醸造においては人為的な作業は極力行わないようにしています。
品種とテロワールの持つポテンシャルを最大限に引出し、エレガントさも持ち合わせた偉大なるブルネッロを目指しています。

詳しくはこちら

 

ポデーレ・ジョドの偉大なるワイン

ロッソトスカーノ・ジョド(IGT ROSSO TOSCANO GIODO)
生産者:ポデーレジョド/PODERE GIODO
品種:サンジョヴェーゼ100%

粘土質・石灰質のバランスが良く、石が豊富に含まれたリッチな土壌。
ステンレスタンク、セメントタンクと木樽。平均樹齢16歳。
生産本数8000本の限定生産ワイン。

詳しくはこちら

 

ブルネロ・ディ・モンタルチーノ・ジョド(DOCG BRUNELLO DI MONTALCINO GIODO)
生産者:ポデーレジョド/PODERE GIODO
品種:サンジョヴェーゼ100%

粘土質・石灰質のバランスが良く、石が豊富に含まれたリッチな土壌。
セメントタンクと木樽。平均樹齢16歳。
生産本数6000本の限定生産ワイン。

詳しくはこちら

世界的に認められた伝説の醸造家、カルロフェッリーニの手掛けるワイン、是非お試しくださいませ!

 

アモレア株式会社/AMOREA INC.

 

画像参照:call me wine様