秋も深まり日増しに肌寒くなってまいりましたが、体調など崩されていませんか?
冬も間近に迫り寒さを感じるようになると、何か温かいものが食べたくなりますね。

そこで今回は、イタリアトスカーナ地方の冬の料理、パンを使ったスープを二種類紹介したいと思います。

 

リボッリータとパッパ・アル・ポモドーロ
RIBOLLITA e PAPPA AL POMODORO

必要なのは、パンと野菜だけ。

固くなったパンと残り物の野菜を煮込むだけの家庭的な料理で、昔はCUCINA POVERA(貧乏人の料理)と呼ばれておりましたが、今では高級なレストランなどでもアレンジして出されることがあります。

トスカーナでは、塩を使わない固く素朴な味わいのトスカーナ・パンがさらに日が経ち乾燥したものを使います。

リボッリータ/Ribollita

リボッリータは、白インゲン豆と黒キャベツが基本の材料。トスカーナでキャベツと言えば黒キャベツというほど一般的で、キャベツの原種に近い品種です。

結球しないキャベツで、色が濃くチリメンキャベツのようにシワがあります。水分量が少なく旨味が凝縮、熱に強く火が入っても煮崩れせず、少しホクホクした食感が残ります。

パッパ・アル・ポモドーロ/Pappa al pomodoro

パッパ・アル・ポモドーロは、その名の通りトマトを使ったレシピ。パッパというのは乳幼児の食べる流動食のことです。トマト・ソースのパスタやリゾットのように固くなったパンをしっかり煮込んで柔らかくし食べます。

「スープ」と書きましたが汁が多いものから少ないものまで、家によって、また作る人によってレシピはさまざまですので、今回レシピは割愛させていただきますが、ポイントを少しだけ。

パンは、トスカーナ・パンでなくても構いません。ただ、乾燥したものや食パンならトーストして水分をなくした方が、後で美味しいスープをいっぱい吸ってくれます。
リボッリータは、黒キャベツがなくてもチリメンキャベツや一般的なキャベツ、その他の葉物などでも代用できます。しかし水分のあまり多くないものの方が良さそうです。他にもいろいろな野菜を入れると良いです。そして白インゲン豆でなくても大豆など他の豆でも良いです。すり潰しながら煮込みましょう。

パッパ・アル・ポモドーロは、バジルを入れるとさらに良いです。また、熱々ではなく温度を下げれば夏向きの料理にもなります。
野菜をたっぷり使って自分好みの料理にアレンジしてください。

 

イタリア風パン粥に合わせるワイン

さて、ここからが本題のワインとの合わせです。
どちらの料理も、あまり重くない赤ワインが良く合います。酸味や渋みが穏やかで、適度に果実感のあるものが良いですね。

トスカーナ料理なので、ワインもトスカーナ地方のものからご紹介いたします。

 

リべオ・モレッリーノ・ディ・スカンサーノ (RIBEO MORELLINO DI SCANSANO)
生産者:ロッカペスタ/ROCCA PESTA
品種:サンジョヴェーゼ90%、アリカンテ10%(赤ワイン)
ステンレスタンクで発酵、セメントタンクで12カ月熟成。
モレッリーノのエントリーレンジ。このレンジでも十分なほど出来の良い味わいで、濃厚なサンジョヴェーゼの魅力をご堪能頂けます。

 

テディッチオーロ (TEDICCIOLO IGT TOSCANA)
生産者:モンテメルクリオ/MONTEMERCURIO
品種:サンジョヴェーゼ80%、メルロー15%、カベルネ・カナイオーロ5%(赤ワイン)
ステンレスタンクで発酵、スロベニアンオーク樽で12カ月熟成。
コストパフォーマンスに優れたigtロッソ。様々な料理とマッチングするシンプルなスタイルの味わいですが、瓶内でまだまだ熟成も期待できます。

 

ポデーレ・サッサイエ (PODERE SASSAIE IGT TOSCANA)
生産者:ペトレート/PETRETO
品種:ソーヴィニョンブラン60%、セミヨン35%、シュナン・ブラン5%(白ワイン)
ステンレスタンクで発酵、熟成。

ワインエスプレッソ・・・4ボッティリエ。スローワインVIVI・・・QUOTIDIANI(2009)
シュナンは微量のブレンドも、まるでアンジューブランのようなニュアンスがある白ワイン。ふくらみがあり豊かな白ワイン。
若いうちから豊かな香りとミネラルを持ち、3~4年の熟成で複雑なアロマと味わいになります。

 

イタリアワインは、当然の事ながら数多くのイタリア料理と相性抜群。
是非、アモレアのおすすめするワインと料理のマリアージュを楽しんでみて下さいね!

 

アモレア株式会社/AMOREA INC.