ワインインポーター(WINE IMPORTER)

ワインインポーター(WINE IMPORTER)とは、世界のワイン生産者やメーカーから日本国内へワインを輸入する職業の事です。

「ワインインポーター」というと仕入れ担当者をイメージしてしまいがちですが、私達の業界において「ワインインポーター」とは、
あくまで会社、事業の事を指す事が多いです。

「ワインインポーター業者」の中に、仕入れ担当者営業担当者などが含まれるという意味合いで利用されているのです。

 

背景

裏方仕事のイメージが強いためにインターネットで検索してもあまり情報は手に入りませんでした。
しかし最近では、表立ってレストランやセレクトショップを展開するインポーターなども出てきて、
日本におけるワインの消費量も増加傾向にある事から、注目を集める職業の一つとなりつつあります。

規模は大きな商社から個人で営むものまで多々あり、日本国内で世界のワインを楽しむ為に欠かせない存在といえるでしょう。

消費者の皆様がワインを飲むとなると、酒屋、スーパーやデパートなどに行ったり、レストランやバーに行って飲む事が多いと思いますので、裏方であるインポーターの事はあまり知らない人が多いのではないでしょうか。

消費者の皆様がワインのインポーターに触れるためには、ワインの「バックラベル」と呼ばれるラベルを見ることが最も近道です。
ワインラベルの中に「輸入者」「輸入業者」などという表記があり、そこに記載されているのがインポーターです。ワインを相当に好きな方であれば必ず確認をしていると思いますが、「ワインのインポーター/輸入者」というのは、ワインを嗜むにあたってチェックすべき要件の1つと言えるでしょう。なぜなら、ワインインポーター毎に倉庫や輸送方法が異なるため、ワインの品質を確認するにあたってとても大切な事の1つであるからです。

普段チェックをしていなかったという方は、これを機に皆様の飲まれているワインのラベルを確認してみましょう。

ワインインポーターに求められる力

ワインインポーターになるためには、必ずしもソムリエである、またはソムリエを雇う必要はありません。
但し、酒屋、レストラン、デパートなどをはじめとして業界の専門家達に説明出来るだけの知識が必要となります。

①ワインの目利き力

・ワインのインポーターをするにあたって、仕入れるワインを見極める力は必ず必要です。
中でも難しいと言われているのは、人気ワイナリーのワインです。ワインになる前の段階で、ワインを購入するか、否かの予約注文をしなくてはいけない場合があります。
つまり、まだワインになる前の段階で、どのようなワインが出来るか見極めなくてはならない場合があります。これらが目利きを行うインポーターにとって最も難しいと言えるでしょう。

②生産者とのコミュニケーション

・ワインを海外から購入する際は、ワインを生産者から直接購入する場合と、仲介業者、エージェント、ネゴシアンなどを通して購入しなくてはならない場合があります。
当然ながら人気のワイナリーには日本からも大勢のインポーターが「買いたい!」とやってきて取り合いになってしまいます。


また、生産者の造ったワインの意図や説明が間違って日本へ伝達されないように翻訳などをする必要があります。
生産者が手間暇かけて造り上げたワインを日本国内に広めるにあたって、生産者とのコミュニケーションはインポーターにとって欠かせないものと言えるでしょう。

 

ワインインポーターになるには

ワインインポーターを志す方に向けて、ワイン業界において王道と呼ばれるキャリアの築き方をご紹介いたします。

ワインインポーターになるにあたって必要なものは、主に3つしかありません。
①資金力②海外仕入れ先とのコネクション③国内卸し先とのコネクション3つです。

会社、事業によってワインインポーター業者の成り立ちは様々なので必ずとは言えませんが、ワインインポーターを志す者の多くは、これらを身に着けるためにまず、大手のインポーターまたは酒屋、メーカーなどに入社してキャリアを積みながら業務を学びつつ、コネクション作りに尽力します。

ワインに限らずお酒の業界というのは規制なども多く、近年開放的になりつつあるものの、やや閉鎖的な業界の一つと言えます。
そのためコネクション作りは最も難しく、最も大変なものです。

その後どこかから資金を調達して独立、というのが最も王道なワインインポーターへの道と言えるでしょう。ワインの買い付けには、想像以上に資金力が必要となります。誰もが簡単になることの出来るものではないと言えるのではないでしょうか。

あくまで私達の意見にはなってしまいますが、ワインインポーターを目指している方々の参考になれば幸いです。

 

アモレア株式会社/AMOREA INC.