ワインショップやネットショップなどでワインを見ていると、「パーカーポイントで○○点を取りました!」みたいな表記を見かける事も多いと思います。「点が高ければ凄いのかな?」などの想像は付くと思いますが、実際のところ詳しくは分からない!という方も多いと思いますので簡単に解説させて頂きます。

パーカーポイント/PARLER POINT

 

パーカーポイント(Parker Point)とは!?

パーカーポイントとは、「ワイン・アドヴォケイト」とよばれるワイン専門誌において、ロバート・パーカーという世界で最も影響力のあるワイン評論家が100点満点でワインをそれぞれ採点した点数のこと。その点数は世界中でも絶大な影響力を誇り、パーカーポイントの点数によってワインの価格が上下してしまう事も珍しくはない。その評価の公平性において過去には、ブルゴーニュやボルドーの著名なワインよりも、1本数ドルの安価な無名ワインがパーカー・ポイントによって高く評価されたこともある。パーカーポイント(Parker Point)を略して、PPと記載する場合もある。

 

パーカーポイントの生みの親「ロバート・パーカー氏」

ロバート・パーカー/Rovert Parker
・1947年、アメリカのメリーランド州生まれ。
現在世界中で最もワインに関して影響力、発言力があると言われている人物

メリーランド大学、大学院にて美術や歴史を学び、司法試験に合格する。
弁護士としての活動を続けるが、あまりにもワイン好きであったために、1975年にからワインに関する文章、記事を自ら書き始める。

1978年にはワインの小売業者に向けた専門誌である、ザ・ワインアドヴォケイトを創刊してしまうまでに至る。
その公平な評価制度などが徐々に評価されていき、後に絶大な影響力を得る。

 

ワイン・アドヴォケイトについて

ワイン・アドヴォケイト(The Wine Advocate)は、ロバート・パーカー氏の創刊したワイン専門誌。

創刊当時は「ボルチモア・ワシントン・ワイン・アドヴォケイト(The Baltimore Washinton Wine Advocate)」という名前であったが、のちにワイン・アドヴォケイト(The Wine Advocate)へ改名される。

広告を一切載せず、読者からの収益のみで運営をされていることで知られており、そのために外部からの圧力などを受けることはないため、その公平性が信頼の基準の一つとなっている。ヨーロッパに比べるとワイン文化があまり浸透していなかったアメリカにおいて、誌内で「パーカー・ポイント」と呼ばれる独自の評価基準を編み出したために、注目を集めた。

パーカーポイントの評価基準

パーカーポイントは、それぞれのワインを100点満点で評価する。
その点数の内訳は、以下の通りである。

基礎点:50点
味わい、風味:20点
香り、アロマ:15点
ワインの熟成、進歩の見込みなど:10点
色、外観:5点

これらの全てが満たされると、100点満点となる。
一般的には、パーカーポイントにおいて85点以上のワインが優秀であると言われ、その割合は世界中にあるワイン全ての1%程度だと言われている。

 

パーカーポイントは、あくまでも目安

私たちは、ワインにおいてはパーカーポイントに深く囚われ過ぎず、あくまでも目安として考える事をお勧めいたします。

パーカー・ポイントはあくまでもロバート・パーカー氏の独断で決定された物であり、多くのワイン研究家も、「パーカーポイントにはロバート・パーカー氏の好みが強く反映されており、偏りが見られる。」と語っています。

また当然ながら、食べ物に好き嫌いがあるのと同様に、ワインに置いても個人それぞれの好き嫌いが存在し、好みは人それぞれです。

こってりとした赤ワインが好きな人もいれば、すっきりした白ワインが好きな人もいる。
熟成タイプのワインが好きな人もいれば、作りたての若いワインが好きな人もいます。

故にパーカー・ポイントはあくまでも価格やワイン探しなどの目安としながらも、たくさんの種類のワインを飲んで、自分の好きなワインを見つけていく事をお勧めいたします。

 

アモレア株式会社/AMOREA INC.

(記事内、ウィキペディア様より画像引用)