【メーカーズディナー】

生産者が来日しております。
イタリアはトスカーナ州、南部のマレンマ地区のワイナリー《Roccapesta》から、オーナーのアルベルト・タンツィーニ氏がいらっしゃってます。

昨日は、表参道のRistorante Da Fiore様のご協力を得て、メーカーズディナーを行わせて頂きました。

Roccapestaは赤ワインのみしか作っていないこともあり、乾杯のスプマンテの後は、3種のモレッリーノ・ディ・スカンサーノを順に提供していき、飲み比べをして頂く形式となりました。

・Ribeo Morellino di Scansano 2011
やや軽めでエレガント、気軽なエントリーレンジです。眞中シェフのスペシャリテ、鴨肉を使った冷菜と素晴らしいマッチングでした。
・Roccapesta Morellino di Scansano Riserva 2010
オーク樽熟成期間を長めに取った、重みのあるスパイシーなリゼルヴァ。オーク樽のニュアンスと焦がしたアンチョビをソースに使ったスズキと良く合いました。
・Calestaia Morellino di Scansano 2009
単一畑の最高キュヴェです。メインディッシュの、黒トリュフをふんだんに使ったモデナソースのエゾ鹿の炭火焼にバッチリでした。

モレッリーノ・ディ・スカンサーノと言うと、やや田舎っぽい、素朴でワイルドなワインというイメージを持たれがちですが、Roccapestaは違います。柔らかく綺麗な果実味やエレガンスを持ち、とてもモレッリーノとは思えない、新しいサンジョヴェーゼの一面を垣間見ることが出来ます。

眞中シェフのお料理は、素材にとてもこだわり、優し~く繊細なものが多かったのですが、
Roccapestaのワインは、それらの素材の良さを壊すことなく、それでもしっかりと彼のワイン、この地のテロワールを主張しておりました。

お客様もアルベルト氏も、とても喜んでいたように思います。
ご協力頂きましたRistorante Da Fioreの眞中シェフ、唐渡様、素晴らしい機会を作って頂き、誠にありがとうございました。
.
.
そしてまた、新たに生産者の来日があります。
本日はトスカーナ州北部のムジェッロより、素晴らしいピノ・ネロの生産者《Podere Fortuna》よりアレッサンドロ・ブロージ氏が来日。
引き続き日本に滞在されているRoccapestaのアルベルト氏とともに、明日はWメーカーズディナーを恵比寿にて行います。
.
まだまだ盛り上がる生産者来日週間、より多くの皆様に彼らのワインに触れて頂ける機会を持てるよう、頑張る次第でございます。

 

アモレア株式会社/AMOREA INC.