《ワインの小話》ワインとカロリー

 

30代40代と歳を重ね、だんだんとお腹が出てきて、、、太ってきたのはビールのせいだアルコールのせいだ、アルコールってそれ自体結構カロリー高いじゃないか、という話を耳にすることがあります。

がしかし、これは大きな間違い。

 

確かに、事実アルコールはそれ自体にカロリーはあり、ワイン1杯当たり100kcal前後、フルボトルで750kcal前後となります。
ですが、アルコールのカロリーは食物のそれと性質が違い、体には吸収されず、すぐに熱として放出されるものなのだそうです。
(酔うと体が熱くなりますね。その放出される熱によるものです)

飲む機会が増えて太ってしまった、、、というのは、アルコールのせいではありません。ちょこちょこ食べ過ぎてしまう、おつまみが原因です!

 

むしろ、ワイン自体は健康に良いことだらけ。

赤ワインには、皆様もうご存知のポリフェノールが多く含まれています。動脈硬化を防ぎ、活性酸素を除去する、いわば若返りの作用です。
白ワインには、利尿作用や整腸作用、殺菌作用があります。
(寿司や生魚に白ワインを合わせるのは、この点においても意味があります)

 

酒は百薬の長、とは昔の方も良く言ったものです。
日々どんどんワインを楽しみ、どんどん健康になりましょう!

もちろん、泥酔するほどのアルコール摂取は体に害を及ぼす恐れもあるので、適量は守りましょう。

 

アモレア株式会社/AMOREA INC.