フランチャコルタ協会日本事務局 オープン・イベント

 

フランチャコルタは、スプマンテでもスパークリング・ワインでもない。フランチャコルタはフランチャコルタだ!
熱く語るフランチャコルタ協会・会長のマウリッツィオ・ザネッラ氏。

 

フランチャコルタは、シャンパンと同じ(氏はこの言い方を非常に嫌って、一度もシャンパンという言葉を口にしなかった)瓶内二次発酵で造られる発泡性のワインです。

フランチャコルタは、シャンパンと違いその親しみやすさ優しさが特徴です。

 

以前、当社の試飲会でも似たようなことを試みたのですが(フランチャコルタとトレントというイタリアの2大スプマンテの比較)、フランチャコルタの穏やかな酸味と豊かな果実味は印象的でした。

 

フランチャコルタが生産されるのは、北イタリア・ロンバルディア州ブレシア県、アルプスの麓のイゼオ湖周辺に位置します。氷河期が終わり流れ出した氷河がつくった独特の地形がアルプスからロンバルティア平野に向かって細く伸びています。そして溶けした氷河によって造られた堆石質土壌がフランチャコルタの豊かな果実味を作ります。

 

日本では、イタリアのワインはもちろん、料理やファッション、車、観光などイタリアが大変身近なものになっていますし、イタリア大好きという方も多々いると思います。

しかし、「日本人はイタリアの服を着て、イタリアの車(フェラーリ)に乗り、イタリア料理を食べる。しかしそんな人たちがイタリア料理店に行って、なぜフランスのものを頼むのか?イタリアにも高品質の発泡性のワインがある。それがフランチャコルタだ」

 

イタリアでフランチャコルタ協会が行ったアンケートによると、80%の人がシャンパンよりフランチャコルタの方が高品質だと考えているという結果が出たそうです。

日本では以前、「イタリアでシャンパンと同じ製法で造っている少し安いスパークリング・ワイン」という悲しいレッテルを貼られていましたが、現在は品質も向上し、シャンパンとは違う個性を発揮するようになりました。
すでにヨーロッパではシャンパンと並ぶ高品質のワインとしてフランチャコルタは認知されています。

これからは、記念日など特別な日にイタリア料理店に行ったら、「シャンパン」でも「プロセッコ」でもはなく、『フランチャコルタ』と頼みたいですね。

 

アモレア株式会社/AMOREA INC.